(゚∀゚) . 。o O(今日はそうめんについて書く

ジャンルは特に決めずに自由気ままにやっていく

ヴェゼルで車中泊テスト

GWも終わりで、ついに明日からまた仕事に1日を費やす日々が再開することに現実逃避したい人はたくさんいるでしょう。無論僕もですよ、、、

 

先週納車しましたヴェゼル。

この車を選んだ時からやりたかったこと。それを昨日行いました。

車中泊です!

いや、まあ本格的な車中泊は行いませんよ。本当にしっかりと寝れるかどうかって感じで、今回家から普通に通える距離の場所で夜をこのヴェゼルで過ごしたというものです。

ネット上だとヴェゼルは車中泊可能みたいな記事はまあまあ見るんですが、実際に車中泊した記事って見ないんですよね中々。そもそも車中泊するような車ではないんですが(・_・;)

 

で、今回は実際に車中泊してどうだったかという感想を書かせて頂きたいなと思います。

 

フルフラット時の状態

f:id:Somen:20180506215503j:plain

 

後部座席を倒し、かつ前座席(今回は助手席)も最大まで前へ移動した状態です。

この状態っていうのは、ネット上でもよく見ますがこの状態で身長165センチの自分でも完全に横になれる状態でした。

ですが、この状態の場合に発生する問題点が二つほどありますね。

前部座席と後部座席に発生する隙間

f:id:Somen:20180506220401j:plain最大まで前へ移動した際に隙間が発生します。

大体約15センチぐらいはあるかもしれないです(測ってないのでなんとも)

これに関して色々対応方法はありますね。ネット上でも丁度いいサイズでクッションがあったりするらしいです。

今回この部分に対してはこう対応しています。

f:id:Somen:20180506220507j:plain

自分がいつも遠征時等で遠出する際に使用しているリュックです。

superclassic.jp

ひらくPCバックでも有名な所が出しています、かわるビジネスリュックです。

本来ビジネス用途で使用する物だとは思いますが、これ普通にプライベートで重宝しています(。・・。)

遠征時では特に!

タイミングがあれば、自分が使っている用途の紹介もしてみたいと思います。

話を戻しますが、こちらのかわるビジネスリュック。

丁度いい感じにピッタリ収まっています!

事前に一回隙間等確認してみて、もしかしたらこれならイケるかな? って思ったので今回検証してみたんですけど、ほぼほぼ満点でした!

 

フルフラット時の凹凸

多分ヴェゼルにおいての車中泊で一番問題? と思われるのがこの凹凸ですよね。

調べているとなんだかグレードによって凹凸具合も変わるらしい? ですが、変わるといっても多分凹凸があるのは変わらないはず(多分

一回この状態で寝転がってみましたが、まあ痛い痛いw

これについての対応策は簡単ですよね。

板を置いたり、マットを敷いたりといった方法。これはどの車中泊でも定番かと?

なので、今回自分が取った対応としてはこちら!

f:id:Somen:20180506221740j:plain

 全てが終わった後に気づいたんですが、この状態だとなにがどうなっているのか分からないことに気づきましたw

状態としてマットを敷いています。

その上に寝袋と枕を置いているという状態です。

丁度いいので、車中泊時に自分が使用してる寝具も紹介します。

  

 こちらマットです。

前の車も軽だったこともあって、フルフラット可能でも凹凸の問題点の解消のために買っています。

 

 枕です。

枕に関してはぶっちゃけクッションでもいいですし、なんでもいいと思います。

私はマット購入時についでに購入したというだけですねw

 

この上記2点はバルブを開けて空気を入れるタイプです。

利点として特有の荷物になるという点が大分解消出来るのでは?

マットはそれでもデカイけど(-_-;) 

 

 

 で、寝袋。

シュラフです。安物です。良いやつは高いから、こういう部分でまだまだにわかな自分は安物でいいんです!

注意点としては、体感温度はあてにしないほうがいいです。

自分は冬の際にはこの中に毛布を入れて等で対応しています。

 

ともまあ、これで寝床の確保は出来ましたね。

では次!

 

居住性

フルフラットにした状態ですが、まあ問題なく広いです!

今回はテスト的にどこまで過ごせるのかを試したかったので、飯も車内で済ませています。

f:id:Somen:20180506224143j:plain

無論自炊はしないです。というかまだそこまでの車中泊レベルに達していないですからね。

お酒も飲んだ後は運転しないですし、エンジンもかけたらアウトですからね!

この状態から完全に車内で過ごしている時間です。

テーブル置いた際も凹凸を分け目にフラットになっていますので、問題なくテーブル置けますし、傾くとった問題もなかったです。

 

f:id:Somen:20180506224450j:plain

f:id:Somen:20180506224506j:plain

事前にdアニメストアからダウンロードしておいたアニメを見ながらリラックスタイム。

プリキュアシリーズの映画全部あるんですよ! 15周年万々歳ヽ(=´▽`=)ノ

 

ちなみに上記で使っているテーブルは下記になります。

 

実際にはホームセンターで買ったんですが、恐らく同商品だと思います。

コンパクトで大分小さいですが、鞄に入るぐらいにコンパクトサイズですので、一つ買っておいても損はないと思う商品だと思います。

 

車中泊といえば灯りをどうするか、また窓の部分の対策といった感じもありますよね。

f:id:Somen:20180506224727j:plain

 

灯りはコンパクトなランタンで対応。

こちら乾電池で動くタイプです。

最初テーブルに置いていたんですが、途中で吊るせる所を見つけたんで吊るした結果、車内の灯りの広がり具合が素晴らしかったです!

 

 

 サンシェードはヴェゼル専用設計なる商品を見つけたので今回買ってみました。

 専用サンシェードは万超え当たり前の高いものばかりなんですが、安かったんで即買いでした。

ヴェゼルがマイナーチェンジ版だから大丈夫かな? って心配はしてたんですが、問題なくピッタリハマっていてびっくりですよ。

これで夏の対策はまだしも今後の冬の対策はなんとかなったかな?

 

とまあ、今回上記装備で車中泊を行いました。

結論として、

完璧に寝れます

軽との比較になってしまうんですが、まず後部座席だけのフルフラット時で空間が出来たというのが凄かったです。

そうすると、余分な荷物は前部座席に置いても大丈夫という荷物による圧迫感は無くなりました。

また、寝ている状態の横でスペースが出来たので今回そこでくつろげることにも最高という一言だけ。

そりゃあミニバンとか車中泊出来るような車に比べたらダメですが、ヴェゼルでも十分車中泊するには十分な空間は作れることは、今回体感できました。

この結果から、遠征時にホテル代をケチって車で泊まることも可能になったわけで、自分的にはこれ大分デカくてデカくてw

空間的には十分なので、もしかしたら自炊とかも今後視野に入れてもいいかもしれないですね。するかは分からないけど、そういうのは憧れますよねやっぱり。

 

一先ず今回はここまで。

車中泊は十分可能ということは分かりましたし、もうすぐ夏到来で車中泊は一番キツイ時期。

対策しないとですねぇ、、、

 

 

 

 

明日から仕事、、、お盆休みまだかなぁ←