自分の小説の書き方について①

私がpixivに小説を上げるようになったのが2013年の12月4日

つまりは現在5年目ですね。

執筆する速度も遅かったり、書く事自体やっていない日々も多々あり、まあ大分気分屋な自覚は持っています。

でも5年もなんだかんだ書いている以上、自分なりの小説の書き方っていうのも大体変わっています。

今回はその小説の自分が書き方?みたいなのを記事として書いていこうかなと思います。

 

・縦書きと横書き

まず小説というか文章は縦書きと横書きがありますよね。

大抵本とかで読むと縦書き。ネットで読むと横書き。

今こうやって書いてある記事も横書きですね。

で、ネットに上がるいわゆるWEB小説。

横書きが中心ですが、稀に縦書きで書かれていることもあります。

pixivなんかは読む際に縦横どっちの向きで読むか切り替えが可能です。

皆さんはどちらの向きで読みますかね? 大体の人は横って答えると思います。自分も大抵横向きで読みます

理由は人それぞれだと思いますが、自分はなぜ横向きなのかというとただ読みやすいからです。

多分視界からの情報量? とかなんか理由はあるんですけど、そういうことを気になる人はググってくださいw

 

ここからが本題ですが、自分も読む時は横向きですが今現在私は小説を書く時は縦向きを意識しています。

最初はそういう部分は気にしないで書いており、次第に横向きと縦向きの小説に違いがあることに気づいて、最初は普通に横書きで書いていましたが、途中から縦向きのイメージで小説を書いていくようになっています。

多分その縦向きを徐々に意識した作品が下記ですかね。

 

これ以前の私の作品と比較すると自分でも横向きで読むとなんだか読みづらいのか違和感は感じてしまいます。

どうしてか?

多分ちゃんと考察して答える人もいるんでしょうが、私なりの縦と横の大きな違いは、【1行間の空白】だと思います。

この空白が多い作品というのは、横だと読みやすい。逆に縦だと読みづらい。そう私は感じています。

実は私の作品もこの空白についても使い方で大分作品が多くなっていくごとに変わっています。

タイミングですね。

例えば会話と地の文で空白を入れていく。会話の一行毎に空白を入れる。地の分でも区切り毎に空白を入れる。

こういうことを作品毎に段々と変わっているんですよ。

そして今。

縦書きで小説を作っている今は空白は極力入れていません。

入れるとしたら一つのシーンが終わった瞬間ですね。

 

なんで縦向きをイメージして書くようになったのか。

別に大きな理由っていうのはないんですが、自分自身のレベルアップ?みたいなのを考えている時に一つ気づいたんです。

自分が好きな作品や尊敬している作家(ここでいう作家はプロじゃなく、pixivとかに上げられている方です)の作品はやっぱり縦書きが読みやすい。

それが分かった結果、自分もこうして書いている以上、自分自身のスキルも上げたい。そういう思いから今は縦向きで読んでもらうことを意識して文章を書いています。

 

無論、だからといって横向きが読みやすい作品はダメというわけではないですよ。ちゃんと自分も面白いと思う作品が多々あります。

それに縦向きで読め!って強要しているわけでもないです。

ただ自分の感覚がそうであるだけってこともあるかもしれませんし、横の方が読みやすいって方もいるかもしれませんからね。

これに関しては、その人の書き方のスタイルみたいなのも関わるのかな?と思うので、この縦と横での意識の違いも、小説を書く人にとって色々思うことはあるのかもしれませんね。

 

もし機会があれば普段横向きで私の作品を読んでいる方は、縦向きで読んでみてください。

 

 思ったより長くなったので、他の内容については次の記事にします