みらリコSS

みらい「リコ先生ーここの問題教えてください」

 

リコ「いいわよ。どこが分からないの?」

 

みらい「ここなんですけど……もーっ、リコ先生そんなに離れてたら教科書見えないじゃないですか」

 

リコ「そ、そうよね。ごめんなさい。……あのみらい?どうしてそんなに近づくの?」

 

リコ(み、みらいの太ももとか胸元とか見えそうなんだけど)

 

みらい「リコ先生が近づいてくれないから私が近づいているんですよ?」

 

リコ「えっと、あまり近づかれると教科書見えないんだけど」

 

みらい「あ、そうですよね。すみません」

 

リコ(少し離れたせいで丁度視線に入る距離になっちゃったじゃない!?)

 

リコ「えっと、ここの問題は……」チラチラ

 

みらい「リコ先生?さっきから私の太ももとか見ててどうしたんですかー?」クスクス

 

リコ「な、なんでもないわ!……で、こうなるんだけど分かる?」

 

みらい「んー、リコ先生。ここはこうですかー?」

 

リコ「えっと、……うん。正解ね」

 

みらい「わーい!ありがとうリコ先生」

 

リコ「じゃ、じゃあまた分からない問題があったら言ってね」

 

リコ(良かった。これで離れられ)

 

みらい「ねえリコ先生……」

 

すっと近づくみらい

 

リコ「な、なにかしらみらい?」

 

みらい「まだまだ分からない問題が多いんです……」

 

リコ「そ、そう。えっとじゃあ教えるからその、少し離れて貰えると助かるんだけど」胸元チラチラ

 

みらい「でもさっきからリコ先生落ち着きないじゃないですかー?」クスクス

 

リコ「ご、ごめんね。だからみらい、少し落ち着きたいから離れてくれる?」

 

みらい「それもいいんですけど、ねえリコ先生。私良いこと思いついたんですけど……直接教えて貰ったほうが色々分かるかなって」

 

リコ「ちょ、直接?」

 

みらい「はい!リコ先生から直接……実技で教えて欲しいな」耳元ボソッ

 

リコ「()」

 

みらい「リコ先生?どうしたんですかー?」クスクス

 

リコ「そうね」太ももさすり

 

みらい「ひゃっ!?り、リコ先生?」

 

リコ「頭に入らないなら直接、身体に覚えさせないといけないわよね。ね、朝日奈さん?」さすりさすり

 

みらい「(り、リコ先生急に雰囲気が)」

 

リコ「ほら朝日奈さん。ここの式は……こう」

 

みらい「ぁっ、リコ……先生」

 

リコ「(あれ?ここ……ベット?私いつの間に寝てたのかしら……)」モゾモゾムニュ

 

リコ「(……ムニュ?)」

 

みらい「んっ、リコ先生……」

 

リコ「み、みらい!?」

 

リコ「(な、なんで隣にみらいがいるの!?というかみらいなにも着てない……私も?)」

 

みらい「えへへ、リコ先生」

 

リコ「な、なにみらい……」

 

みらい「リコ先生凄かったです///」

 

リコ「……へ?」

 

みらい「たくさんのこと、身体に染み込みました///」

 

リコ「()」