プリキュアドリームスターズ!感想

本日映画プリキュアドリームスターズ!を観に行きました。

プリキュアシリーズの映画は毎年春に歴代プリキュアから最新プリキュアを全員登場させるプリキュアオールスターズ、秋にその年のプリキュアの映画をやるのが定番。

今年はオールスターズとして歴代プリキュアを登場させるオールスターズとは違い、今作と過去2作分のプリキュアが出るドリームスターズと、新しい試みとして上映開始されました。

 

正直な所、過去のプリキュアが出てくれないのは悲しい(特に一番大好きなSplash☆Starが出てくれない)ですが、毎年プリキュアの数が増えすぎている現状にこういう処置は仕方ないですよね。

一番最初のオールスターズで14人だった頃が懐かしい(´ . . `)

 

とりあえずはネタバレにならない程度に箇条書きでの感想です。

 

まずは今回のプリキュアが歴代プリキュアとしてGo!プリンセスプリキュアと、魔法つかいプリキュア!と、過去最新2シリーズに今放送中のキラキラ☆プリキュアアラモードと、計12人のプリキュアと初代オールスターズより少ないですね。

ですが、人数が少ない分出番は増えていました。

各チームの描写が大分あったのは嬉しかったです。

今回、映画のオリジナルキャラとしてサクラという女の子が登場し、その女の子を話の中心として進んでいくストーリー。

これに関してはNewStageと同じですね。

オールスターズは毎作お祭り的な映画でしたけど、今回はストーリーを重視している感じです。

NewStageシリーズもストーリーは重視していましたけど、今回は人数が少ない分色々丁寧に描写されている印象でした。

事実個人的にはなりますが、泣きました。ええ泣きました。

 

一番斬新だったのは、サクラが住んでいた世界とプリキュア達のいる世界だと作画が違っていること。前者がCGで描かれていて、後者はいつも通りのアニメ調。

サクラの世界はとりあえず綺麗。これしか言えなかったです。

アニメ調に関しては、いつものプリキュアです。とりあえず動く動く。

 

ちょっと関心?した部分として、今作のキラキラ☆プリキュアアラモードは方針として肉弾戦はしないという作品です。

歴代が集まる映画としてそこはどうなるかなって観る前に少し気になってた所です。

結果、肉弾戦らしい描写はありました。ですがそこは敵が吹っ飛ばされるシーンとか、肉弾戦をしていると思われる描写だけでした。

グレーゾーンだけど一応ちゃんと守ってはいるんだなぁと。まあその分他のプリキュアは思い切り蹴りやらパンチやら思い切り肉弾戦してましたがw

 

後はかなりギャグ多めです。

多分オールスターズシリーズ以上にそういう部分多かったかな?

 

今回いまいちかな?って思った部分としては、

オールスターズにあったお祭り雰囲気はなかったこと。

どちらかと言うと、今作はのキラキラ☆プリキュアアラモードとしての映画の印象でした。

オールスターズでもいつもメインは新しいプリキュアなのは変わらないですが、今作は正直ゲストとして過去2作のプリキュアも出していますよみたいな雰囲気でした。

また、CG世界での描写も綺麗は綺麗なんですけど、その分派手さは減ったかな?

戦闘も派手で動くというよりは綺麗に動く感じでCGでの限界?みたいなのは感じましたね。

 

総評としては今回のドリームスターズは

オールスターズみたいなお祭り映画の要素は少ないけど、ちゃんとした一つの物語として楽しめる。

その影響で泣きと笑い両方がいい具合にバランス取れていて、一つの映画として完成されている。

ただ、過去作のプリキュアは出番はオールスターズの比じゃないが、やっぱり出番は抑えめ。

良い部分は本当に良いんだけど、その分気になる所は本当に気になった。

両者が大分目立っていた感じの映画です。

でも、見て損は絶対しないと思うんで、時間ある方は是非見てください。