王子とツバメの流星群シリーズについて

pixivに小説をアップしてから最初の長期のシリーズ物として出した『王子とツバメの流星群』
通称、流星群シリーズが2014/1/28に最初にアップしました(pixivから消してしまってTwitterの履歴から漁りました)

新しく書かせていただいたという理由については、直接pixivの作品から見て頂ければと思います。

今回は、このシリーズについてそもそも書いた理由みたいなのをまとめさせて頂きます。
正直3年前の作品ということもあり、忘れている部分もあるかもしれませんけど、このシリーズは自分の中でも思い入れが深いので色々思い出せるんですよね。

題材となったドキドキ!プリキュアが放送終了したのが1/26で2日後に出したことになるんですかね。
1作目はそもそも放送中に実は書いていました。
最終話の内容にもよるんですけど、大まかな構成は既に出来ていて先に執筆を進めていました。

このお話は本編終了後のお話で、元々本編後の話というのは考えるのが大好きで、今回のお話は割りと真剣にマナと六花が今後どうなっていくのかという部分を自分なりに書かせて頂いていました。
本編でも二人の関係性は最も深いですし、六花→マナという部分が凄く強調されていましたね。(10話とかふたご先生とかありえない)
きっかけとしては、44話のお話ですかね。
このお話で、マナ→六花という部分が実は深いということを改めて感じさせられました。
これが恐らくこのシリーズのきっかけになったかなと。

マナりつと言いますけど、自分の中でマナりつの関係は永遠の片想いみたいに思っています。
マナ→←六花
こんなイメージで常に考えています。
互いに大切な存在だけど、絶対にこの想いは届かないと最初から諦めている感じ。
六花に関しては、本編見ていても自然とこう思いましたけど、44話でマナからもこういう部分が凄く感じ取られるように。
でも、二人に違うのはそれを自覚しているか否かみたいなもの。
六花はそれを自覚して諦めて、マナは大切な存在だけど自覚していない。というかこの先の未来のことを無自覚に押さえ込んでいるんじゃないか。そう思いました。
このシリーズはこの部分が表面化して、そこからどうなっていくか。それがテーマとして書いていました。

そしてそれを解決するにはどうすればいいのか。
それが重要人物な彼女です(一からアップし直しているので名前は伏せます)
彼女が動くことできっと、マナりつの関係は一歩先に進めると考えています。
この部分は自分の作品に限らず、そもそもマナりつの関係として必要不可欠な部分なのではないか? と、自分なりの考察です。

簡潔ですが今回はこのシリーズを書いた理由ということで、ここまで。
また作品のアップが進んだ際に裏話的なことを出来たらまた記事にしようと思います。

プリキュアの百合キュアCPでもマナりつはトップ3に好きなCPです。それは放送終わって何年経った今でも変わっていません。
今回の書き直しとしてアップしているマナりつ作品以外にも、またネタと時間が作れれば書いていきたいと思っています。

まだまだ未熟な執筆者ですけど、今後も題材として書かせて頂いている作品に感謝を込めて、今後も見て頂いてる方が楽しんで頂ける作品を書いていきます。よろしくお願いします。

ちなみに今回の作品の題名の『R』ですが特に意味はありません。単純にリメイクの意味として付けました。

今回書かせて頂きました作品です

 

www.pixiv.net

 

 

 

 

 

 

 

みらリコSSその3

リコ「それじゃあ今日は、ここ氷の島でヤカンを沸かすこと。この島で魔法を使うには高い集中力がないといけないわ」

 

生徒1「り、リコ先生……寒くて魔法使えないです」

 

生徒2「さ、寒くて集中出来ません」

 

リコ「そういうときはね、おしくらまんじゅうをやるのよ」

 

生徒3「おしくらまんじゅう?」

 

リコ「そ、複数人で互いに背中や肩を押し合って行うの。そうすれば身体も温まるわ」

 

生徒1「本当ですか?」

 

リコ「私も最初はそんなはずないってやらなかったんだけどね、みらいが実際に他の娘と一緒にやって結果は見事合格したの」

 

生徒3「そ、そうなんですか!?」

 

リコ「さ、実際にやってみて」

 

生徒123「はい!」

 

 

生徒1「リコ先生!」

 

リコ「どうしたの?」

 

生徒2「みらいって言う方はリコ先生の大事な人なんですか?」

 

リコ「へ?どうしてそう思ったの」

 

生徒3「だって、リコ先生いつも授業でみらいって名前出しますし、やっぱりリコ先生の大事な人なのかなって」

 

リコ「そ、そんなに私みらいみらいって言ってたかしら?」アタフタ

 

生徒123「はい!」

 

リコ「そ、そう。確かに私が今こうして先生としていられるのもみらいがいたおかげでもあるから、そういう意味では大事な人になるわね」

 

リコ(ま、まずいわね。みらいのことそんなに言っているつもりはなかったはずなんだけど、これじゃあ先生としての威厳が無くなってしまうかもしれないわ……それにみらいとの関係も公にしたらまずいし……)

 

生徒1(やっぱりみらいって人はリコ先生の恋人なのかな?)ヒソヒソ

 

生徒2(そりゃあみらいって名前を出すときのリコ先生の嬉しそうな表情を見たらそう思わない理由はないよ)ヒソヒソ

 

生徒3(だよねー。いつもはキリッとしているリコ先生だけどあんなに柔らかい表情するのってみらいって言う瞬間だけだもんねー)ヒソヒソ

 

後日

 

リコ「みっ、……私の友達が言ってたことなんだけどね」

 

生徒1「ねえ、今日のリコ先生おかしくない?」

 

生徒2「うん。みらいって名前出そうとしないもの」

 

生徒3「ま、まさか……喧嘩してしまって別れたとか!」

 

生徒12「えぇっーーー!?」

 

リコ「ほら、お喋りしない」

 

生徒123「す、すみません……」

 

生徒1(でも本当に別れちゃったとしたらどうしよう……)ヒソヒソ

 

生徒2(リコ先生偶にため息吐いてるよ。やっぱり辛いんだよ!)ヒソヒソ

 

生徒3(ど、どうしたら……あ、リズ先生に相談してみようよ!)ヒソヒソ

 

生徒1(そうだね。リズ先生なら妹のことだから色々分かるかもしれない!)ヒソヒソ

 

生徒2(それじゃあ放課後にリズ先生の所まで相談しに行こう)ヒソヒソ

 

生徒123(おー!)

 

リコ(時折ついみらいって言いそうになるけどダメよ私。しっかりと先生としてやらないと……っ!)

 

そして放課後、生徒達はリズ先生に相談しリズ先生から他の教師、校長先生にまでみらいとリコが喧嘩して別れたと話が広がっていき、魔法学校でひと波乱あったそうな。

みらリコSSその2

みらい「リコー!」

 

リコ「みらい!?なんで魔法学校にいるの!?」

 

みらい「今日は講義ないから遊びに来ちゃった♪」

 

リコ「遊びにって、ここは学校なんだからもう生徒でもない貴方が簡単に来ちゃったらっ!」

 

リズ「あら、みらいさん?」

 

みらい「あ、リズ先生こんにちは!」

 

リズ「いらっしゃい。リコに会いに来たのかしら?ゆっくりしていってね

 

みらい「はい!」

 

リコ「お姉ちゃん!?」

 

校長「おや?みらい君ではないか」

 

みらい「あ、校長先生もこんにちは!」

 

校長「うむ。リコ君に会いに来たのかな?まあゆっくりしていくといい」

 

リコ「校長先生まで……」

 

みらい「まあまあ、リコもお休みの日とかに大学来てね!私大歓迎でワクワクもんだよ!」ダキッ

 

リコ「ちょっ、急に抱きつかないで///」

 

リズ「ふふっ、相変わらず仲良しね貴方達」

 

リコ「(もはやみらいが魔法学校にいることも普通の光景に思われてるわね……)」

 

 

 

リコ「みらいに言われたから一応来てみたけど……いいのかしらやっぱり」

 

みらい「あ、リコー!来てくれたんだね!」

 

リコ「ま、まあみらいがどうしてもって言ってたし、丁度今日はお休み貰えたから仕方なく」

 

みらい「でも大学でリコに会えるなんて嬉しいなー!」ダキッ

 

モブ1「朝日奈さんが抱きついている人誰かしら?」

 

モブ2「珍しいわね。朝日奈さんがあんなに嬉しそうにしているの」

 

ザワザワ

 

リコ「み、みらい!周りに見られてるから少し離れて///」

 

みらい「えー。だって久しぶりにリコに会えるんだもん。リコー♡」

 

モブ一同「なんだなんだ?」

 

モブ一同「やけに朝日奈さんと親しいみたいだけど、どういう関係なのかしら?」

 

リコ「あーもうっ!来るんじゃなかったわ!」

 

リコ「(でもみらいの温もりが懐かしくて離れられない……)」

 

みらい「リコー♡」

 

 

 

モブ1「あ、十六夜さん。朝日奈さんなら今講義中よ」

 

リコ「え? えっとありがとう」

 

モブ2「あ、十六夜さんだ。今日も朝日奈さんに会いに来たの?」

 

リコ「あー、うん。そうね」

 

イザヨイサンコンニチハ

 

イザヨイサンダ。ミライナラ……

 

リコ「(いつの間にか自然に歓迎されているし、大学に来る=みらいに会いに来たって思われてるわ……いや、そうなんだけど)」

みらリコSS

みらい「リコ先生ーここの問題教えてください」

 

リコ「いいわよ。どこが分からないの?」

 

みらい「ここなんですけど……もーっ、リコ先生そんなに離れてたら教科書見えないじゃないですか」

 

リコ「そ、そうよね。ごめんなさい。……あのみらい?どうしてそんなに近づくの?」

 

リコ(み、みらいの太ももとか胸元とか見えそうなんだけど)

 

みらい「リコ先生が近づいてくれないから私が近づいているんですよ?」

 

リコ「えっと、あまり近づかれると教科書見えないんだけど」

 

みらい「あ、そうですよね。すみません」

 

リコ(少し離れたせいで丁度視線に入る距離になっちゃったじゃない!?)

 

リコ「えっと、ここの問題は……」チラチラ

 

みらい「リコ先生?さっきから私の太ももとか見ててどうしたんですかー?」クスクス

 

リコ「な、なんでもないわ!……で、こうなるんだけど分かる?」

 

みらい「んー、リコ先生。ここはこうですかー?」

 

リコ「えっと、……うん。正解ね」

 

みらい「わーい!ありがとうリコ先生」

 

リコ「じゃ、じゃあまた分からない問題があったら言ってね」

 

リコ(良かった。これで離れられ)

 

みらい「ねえリコ先生……」

 

すっと近づくみらい

 

リコ「な、なにかしらみらい?」

 

みらい「まだまだ分からない問題が多いんです……」

 

リコ「そ、そう。えっとじゃあ教えるからその、少し離れて貰えると助かるんだけど」胸元チラチラ

 

みらい「でもさっきからリコ先生落ち着きないじゃないですかー?」クスクス

 

リコ「ご、ごめんね。だからみらい、少し落ち着きたいから離れてくれる?」

 

みらい「それもいいんですけど、ねえリコ先生。私良いこと思いついたんですけど……直接教えて貰ったほうが色々分かるかなって」

 

リコ「ちょ、直接?」

 

みらい「はい!リコ先生から直接……実技で教えて欲しいな」耳元ボソッ

 

リコ「()」

 

みらい「リコ先生?どうしたんですかー?」クスクス

 

リコ「そうね」太ももさすり

 

みらい「ひゃっ!?り、リコ先生?」

 

リコ「頭に入らないなら直接、身体に覚えさせないといけないわよね。ね、朝日奈さん?」さすりさすり

 

みらい「(り、リコ先生急に雰囲気が)」

 

リコ「ほら朝日奈さん。ここの式は……こう」

 

みらい「ぁっ、リコ……先生」

 

リコ「(あれ?ここ……ベット?私いつの間に寝てたのかしら……)」モゾモゾムニュ

 

リコ「(……ムニュ?)」

 

みらい「んっ、リコ先生……」

 

リコ「み、みらい!?」

 

リコ「(な、なんで隣にみらいがいるの!?というかみらいなにも着てない……私も?)」

 

みらい「えへへ、リコ先生」

 

リコ「な、なにみらい……」

 

みらい「リコ先生凄かったです///」

 

リコ「……へ?」

 

みらい「たくさんのこと、身体に染み込みました///」

 

リコ「()」

Git使ってみた2

前にGitについて色々書いて以降もずっとGit使用していて気づいたことをまとめてみました。

 

・万が一サーバーが壊れた際の復元が簡単

Gitはローカルとサーバーのリポジトリがあるって前言いました。

この際仮にサーバーが故障等で使い物にならなくなった際に、SVNだと復元が出来るのかは分からないけど、多分色々難しいと憶測を立てます。

Gitの場合でしたら、ローカル先にも同情報のデータはあるわけで、リモート先のリポジトリ先を変更することで、すぐに復活出来ることは便利ですよね。

※実際に試したことないです

※あくまでローカルとリモートの同期を常に取っている場合です

 

・コミットミスでの損害が少ない

以前SVNソースコードの管理を行っていたプロジェクトに入っていた時にあったことです。

ある担当者Aが機能を完成し、コミットを行いました。

その後に、私が担当した部分の機能が完成し、コミットする前に現在の最新ソースコードをマージしようと最新のソースコードをマージしました。

しかし、Aのコミットしたソースコードは実はバグだらけで、動かなくなってしまいました。その後も他の作業者が自分と同様に現在の最新ソースコード

マージし、自PC上で動かそうとした際にエラーが多発。それが問題となってしまい、修復に時間を要したことがありました。

あまり詳しくは分からないんですけど、SVNはコミットした情報を取り消すというのは簡単じゃないらしいです。

その点Gitに対しては簡単です。ローカル先のコミット前の情報でコミットすることも可能ですし、例えばそのコミット前の箇所からもうブランチを分けてしまってもいいです。

こういう部分は実際に直面してみないと分からない部分が多いですが、実際にコミットの取り消し等はSVNより簡単でしたね。

 

正直な所、まだGitについては使いこなせてない部分が大半です。

最近は大規模なプロジェクトに携わった機会もなく、Gitでの管理も基本個人利用です。

ただ、今後SVNが衰退していきGitが大きくなっていくのは明白かなってぐらいにはGitは優秀だなって思います。

自分の会社はまだSVNを利用していますが、近いうちにGitに以降する方向性らしいです。

ただ、Gitの問題があるとしたらその機能性が多いってことですかね。

機能が多い = 覚えることが多いってことにもなります。

覚える為には時間がいる。時間がいるということはその分お金もかかる。

こういう部分がまだGitが浸透しない理由でもあるんですかねー?

それに機能が多いんで明確にルールを定める必要はあります。

SVNみたいに直感的に簡単にコミットをGitも同じようにしてたら結局は意味ないですし、リモート先へのコミットをするタイミング等、ルールは決めておいた方がいいです。

 

しっかりとした理解してもらえるような文章ではないですが今回はこんな所です。

現在Gitと連携して出来る他の管理ソフトも試している段階なので、それもいつかまた報告出来たらなって所で終わります。

大分走り書きなんで質問もあれば遠慮なく。

十六夜の魔法についてその2

今回は主にプロローグ2について書かせて頂きます。

 

前話のプロローグが49話をオマージュしながら書いたものだとしたら、プロローグ2はきっとこんなことがあったんだろうなあと想像した内容からのオマージュです。

四年後の世界ではナシマホウ界での日常で、逆に魔法界での話が無かった。

良い意味で捉えるならそれは魔法界での四年間は色々考えることが出来るわけで、絵描き、物書きのユーザーの皆様も色んな解釈をしながら魔法界の話を描いていました。

無論自分も魔法界の四年間、どうやって魔法界からナシマホウ界に来れたのか。リコがどんな想いをしていたのか等色々なことは考えています。

今回の話としてはそんな考えていた内容を否定して書きました。

プロローグで書いた49話の否定と同じですね。

別れるときに希望を残せなく、後悔しか無かったら。そうなったらリコはどんな四年間を過ごすんだろう。

それがプロローグ2の内容になります。

 

ナシマホウ界へ行く為の手段として闇の魔法を使ったということに関しては個人的に本編でもなにかしら闇の魔法が関わっていたんじゃないか? と考えていたんで、今回闇の魔法でナシマホウ界に行くことになりました。まあ、本編だったらきっと闇の魔法も良い方向に使われていたはずだし、リコもみんなと一緒に頑張っていたに違いないです。いつか魔法界のお話があるといいですねえ。

 

現段階で、プロローグ2話と本編1話を書かせて頂きました。

本編の1話も内容的にはプロローグを意識していますが、前話のプロローグ2話とは違うようにしています。

プロローグとプロローグ2に関しては、最初に思い切り分岐させるために本編の否定をさせるという意味付けで0.5話的な話。

本編の1話はそこから分岐した新しい話としてのプロローグ1話。

こんなことを考えながら書きました。

 

現在2話も執筆中ですので、完成し次第またアップの方をさせて頂きます。

まだ物書きとしても未熟ですが、精一杯書いて見ている方に楽しんで頂ける作品を目指しています。

本シリーズに限ったことじゃないですが、これからも自分が書いた作品をよろしくお願いします。

 

今回書かせて頂きました作品です

 

www.pixiv.net

www.pixiv.net

十六夜の魔法について

pixivにアップしました、魔法つかいプリキュア!の二次創作である十六夜の魔法
書こうと思った経歴みたいなのを今回まとめさせてもらいました。

元々魔法つかいプリキュア!(以後まほプリ)で、長編になるシリーズとしてなにか書いてみたいとは思っていました。
まだ放送が終わる前に幾つか書いてみたい内容が浮かび上がって、まほプリが最終回を迎えたことで、
色々な想像が出来るわけでですね。
ちゃんとしたシリーズ物としてやるなら話が完結して、そこから今後どうなっていくのかというのは想像(妄想とも言う)するのは大好きな私です。
事実今までアップしましたちゃんとしたシリーズ物としては本編後に色々話を膨らませて執筆しました。(完結出来てない問題がありますが…)
まほプリとしても今後どうなっていくのかな? と、考えていたんですけどシリーズ物としてやるときシリアスな感じでやりたいというのが自分の考えでして、
正直綺麗に終わりすぎてシリアスなんて出来るわけないんですよね。

そこで今回思いついたというのがIFでやってみようと。
49話で、みらいとリコが四年越しの再開があったシーン。もし、それがなかったら、、、
それを考えたら正直辛いですね。でも意外と話が膨らみ、今回IF物としてシリーズを開始させて頂きました。

今回1話というプロローグで書いたんですが、
この話で考えたのは。
大前提で49話の感動を否定したい。
会えなかったことで、みらいに諦めという感情を出したかった。
ここで諦めを出すにはどうすればいいか。心残りを、後悔を残すことでした。

49話見ていて感じたのは、やはり最後リコが魔法をかけたあれがみらいが別れても、いつかまた会えるという希望を残したんだなって思いました。
だからこそ二人は再開出来た。

でも、その魔法が無かったら。もしくはその魔法がなんなのか分からなかったら。もしかしたら彼女は、、、
今回の話としてはそれをテーマとして書かせて頂きました。
プロローグというタイトルを付けたのはまた次回意味を説明します(深い理由はないんで期待しないで大丈夫です!)

新しくまたシリーズとして、まほプリもとい魔法つかいプリキュア!
素晴らしい作品だったからこそ、色々なことを考えることが出来るので、頑張って完結目指していきます。

余談ですが、本当に中途半端な未完成のシリーズが一つあると思うんですが、そちらも近いうちに展開します。

 

 

今回書かせて頂きました作品です

www.pixiv.net